うなじ脱毛 自分で

日本の女性は着物を着る機会は少なくなりましたが、夏は浴衣を着たり成人式にもお洒落なデザインのファッションで練り歩く女性も増えてきました。

また、ロングヘアをアップにする洒落たヘアアクセも多数出ていますから、うなじをキレイに決めたくはないですか?なかなか自分で処理をするのは難しい部分です。

うなじの自己処理

うなじは自分でカミソリでは処理出来ませんし、脱毛クリームのようなものが便利です。カミソリでやるとなると、鏡を上手く合わせなければ無理ですし問題点があります。

時間も掛かりますし、毛抜きでは無理な場所ですよね。

うなじには、髪の毛が近いので万が一剃ってしまっては大変です。
毛抜きは痛くて危ないですし、細かい毛は自分では上手く処理出来ないものです。

自分で脱毛クリームを塗って、タオルで拭き取るだけの簡単なものですし自己処理の中でも比較的安全で簡単にうなじが処理出来ます。

関連記事:うなじの形が気に入らない!脱毛で理想的に!

脱毛処理のデメリット

脱毛クリームのメリットは簡単で誰でも使え安全性が高い事ですが、反面危険性も含んでいます。脱毛クリームは、ムダ毛を溶かして徐毛する方法です。

ちょっと溶かすって聞くと怖くなってしまいますが、危険性は少ないのでキチンとした手順を踏めば大丈夫です。

ですが、肌の弱い人はとても危険なのです。

ムダ毛を溶かして処理するわけですから、肌が荒れてしまったり腫れてしまう人も中にはいます。

脱毛クリームは、腕や脚の脱毛、ワキ、ビキニラインの脱毛には利用できますが「うなじの徐毛」には使ってはいけないものなんですね。

楽で簡単である事から使用する人もいますが、皮膚の弱いうなじのムダ毛の処理は危険性が高いのでやるなら覚悟がいりますよ。

髪も一緒に溶けてしまってはもとも子もありませんし、うなじは皮膚も弱く敏感な場所ですから脱毛クリームでの脱毛はやらないでおきましょう。

うなじをキレイにしたい気持ちは解りますが、肌を痛めてまで脱毛クリームを使うのはとても危険ですよ。

脱毛クリームは便利で簡単ですが、このように問題点が多くあります。

カミソリより簡単で安全性が高いのは、あくまでも手脚等の脱毛で顔やうなじの脱毛にはむいていないのです。

無理をして、自分で脱毛クリームで脱毛すると爛れて髪が上げられなくなったりしてはお洒落も出来なくなりますし痒みが起きるとセルフケアでは治せなくなってしまいます。