ワキガ 脱毛

ワキのにおいが強いことが気になっていたり、ワキガを治したいと思っていたりする女性は少なくありません。脱毛をすることで、ワキのにおいまで軽減されるなら願ったり叶ったりですよね。

脱毛ワキガに関連性はあるのでしょうか?

ワキガの元

そもそものにおいの元は、ワキの下にあるアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺からの分泌物です。この分泌物が皮膚の表面に付着している皮膚の汚れや脂と混じり合うと、においが発生してしまうのです。

このアポクリン汗腺が多い人がワキガ(腋臭症)と呼ばれています。

汗が原因

ワキガのにおいの1番の原因です。汗をかいたら拭くなど、ワキを清潔に保つことである程度においを抑えることができます。

毛は思っている以上に水分を保ちやすいので、ワキ毛があると汗を拭いても拭ききれずに毛に付着したまま残ってしまうことがあります。

脱毛して毛がなくなることにより汚れがたまりにくくなるだけではなく、アポクリン汗腺の出口がふさがれ分泌物自体も少なくなるのです。

実際にワキ脱毛をすることでワキガが完治した女性もいます。完治までいかなくとも、においは軽減されるのではないでしょうか。

遺伝によるもの

ワキガ体質は遺伝すると言われています。両親のどちらかがワキガであれば子に遺伝する確率は約50%、両親ともにワキガの場合は約80%の確率で子に遺伝するという統計があります。

また、ワキガ体質は国によっても異なり、白人は10人中8〜9人はワキガだそうです。それに比べると日本人は10人に1人くらいがワキガ体質と言われています。

食生活の変化

なぜ国によってワキガの割合が違うのでしょうか。実は食生活と関連があるのです。日本人の食事(和食)は昔から低カロリーのものが多かったのに比べ、欧米人は高カロリーの食事がメインです。

この高カロリーの食事がアポクリン汗腺の働きを高めていると言われているのです。しかし、日本でも最近は和食を食べる機会が減り、ファストフードや外食など高カロリーのものを口にする機会が増えたため、日本人にもワキガ体質が増えているそうです。

また、激辛料理を好む人もアポクリン汗腺を刺激してしまうためワキガになりやすいのです。ワキのにおいが気になる人は、低カロリーでバランスのとれた和食中心の食生活に変えてみるのもいいかもしれませんね。