ワキ脱毛

ワキ脱毛をしてから、ワキ汗が多くなったりにおいがきつくなったりしてしまったと感じている方は多いようです。実際、ワキ脱毛をするとワキ汗の量やにおいに変化はあるのでしょうか。

脱毛後にワキに変化が?

結論から先に言いますと、脱毛をしてもワキ汗の量やにおいが変化することはありません。毛がある状態で汗をかくと、毛がある程度の水分を吸収してくれます。

その毛がなくなったために汗の量が増えたと感じてしまうんですね。実際の発汗量は変わっていないのです。においに関していいますと、脱毛をした方がにおいにくくなります。

においのもととなってしまう雑菌は毛に付着したり毛穴付近に棲みついたりします。脱毛することによって毛はなくなりますし毛穴もきれいに保ちやすくなりますので、雑菌は棲みかをなくしてしまうのです。

しかし、今までだとワキ毛が吸収していた汗が、そのまま衣類についてしまうと衣類についている雑菌と融合してにおいになってしまうことはあります。

関連記事:ワキガ対策にワキ脱毛は効果があるのか?

脱毛後に多汗症に

脱毛した後に、多汗症になってしまう人がいます。実は、脱毛後に多汗症になってしまう最大の原因は、精神的な理由によるものなのです。

脱毛してワキ毛が気にならなくなったはいいものの、ワキ汗を気にしすぎることでさらに汗をかいてしまうんですね。しかし、この脱毛後の多汗症は一時的なものです。

精神的な理由によるものなのでワキを気にしないようにすれば、発汗量は抑えられるのです。と言うのは簡単ですが、やはり気になりますよね。

特にワキは、においがこもりやすい部位ですし本人の鼻とも近いため、気になってしまってもしかたありません。多汗症が日常生活に影響するほどひどい場合は皮膚科を受診してみてください。ボトックス注射を1回打つだけでかなり良くなる人が多いみたいですよ。

繰り返しますが、脱毛をすることによってワキ汗の量やワキのにおいが変化することはありません。汗が服にしみて汗臭くなったり、精神的な理由から多汗症になったりしてしまうことはあります。

ですから、汗をかいたらすぐに拭きとる・制汗スプレーを使う・ワキ汗パッドを使うなど、ワキを常に清潔に保つように心がけてください。そして、ワキを気にしすぎないことです。