顔 産毛処理

産毛は外からの刺激から私たちの肌を守る役割を持っています。
だからといって女子たるもの、産毛処理をしないわけにはいきませんよね?

産毛の処理方法

ご安心下さい。現代において、肌のバリア機能を補うスキンケア用品などの開発は進んでいます。産毛の代役として活躍してくれるものは、そこかしこにあるのです。

産毛処理をするのであればこういった産毛の代役として働いてくれるものを上手く取り入れさえすれば、肌トラブルが起こる可能性はぐっと減ります。

さて、今回は女性の顔の正しい産毛処理方法についてご紹介していきたいと思います。
わかっているようでわかっていない方が多い産毛処理方法。ぜひ参考にしてみて下さい。

処理期間

どんなに産毛が伸びるスピードが速かろうと、処理のしすぎは肌のトラブルを招く可能性があります。多くても1週間に1度。できれば2週間に1度くらいのペースで処理をしましょう。

処理方法別のやり方

処理方法別に、正しいやり方というのが存在します。間違ったやり方をして肌を傷めないようにしましょう。

カミソリ

顔用や眉用として販売されている小回りのきくカミソリを選ぶと、範囲が狭い部分の処理もラクにできます。あまりに安いカミソリを買ってしまうと剃りが甘いことがありますので注意して下さい。

剃る時は乳液もしくはクリームで肌を保護しながら剃ると良いです。乳液やクリームの量は好みによりますが、薄く膜をはるくらいの量で大丈夫です。

シェーバー

電池式のものが主流です。カミソリに比べて深剃りしてしまう可能性が少なく、肌に直接刃が当たらないよう設計された敏感肌に優しいシェーバーもあります。

脱毛ワックス

必ず顔用のものを使うようにして下さい。体用のものを使ってしまうと刺激が強すぎてピリピリしてしまうことがあります。

脱毛パック

液だれしないほどよい固さで、なおかつ乾きやすいものを選ぶとお手入れしやすいです。ただ、塗ったそばからすぐ乾くタイプだと、慣れないうちは全部塗り終わる前に乾いてしまって慌ててしまうこともあります。

使用前に必ずホコリや皮脂汚れを洗い落とすようにして下さい。洗顔しないでパックすると、産毛を除去する吸着力が弱まってしまいます。

関連記事:顔の産毛処理を脱毛パックでキレイに

処理の際に気をつけること

カミソリを使う産毛処理のやり方の中で、乳液やクリームを塗るよう述べましたが、石けんを代用しようとしている方もいらっしゃるかもしれません。石けんは汚れを洗い落とす役割があり、使用している最中は皮脂や角質が柔らかくふやけた状態にあります。

この状態時にカミソリの刃を当ててしまうと、取ってはいけない角質まで一緒に剥がしてしまうことになるかもしれません。なので、石けんを乳液・クリーム代わりにするのは避けましょう。

以上になります。
処理した後にはどの方法を取ったとしても、肌をいたわるために保湿をして下さい。たっぷりの化粧水を染みこませてやることをおすすめします。