産毛 ニキビ

ストレスや寝不足、食生活の乱れやホルモンバランスの乱れ、常在菌の増殖など様々な原因が重なることによってニキビは発症します。

産毛ニキビの原因になるって知っていました?

乾燥性ニキビ

最近増えているのが、洗顔のしすぎやパックのしすぎによる肌表面の乾燥がトリガーとなって起こる乾燥性ニキビです。

『ニキビは脂っぽくてギトギトしてるんだから、ニキビの原因が乾燥してるから、なんてあるわけないじゃん』と思われがちですが、乾燥すると肌は『肌表面を守るために油分を生成してくれ』と指令を出してしまいます。

この指令によって油分が生成され、肌表面に出て来ます。これが皮脂です。

この皮脂、多すぎると毛穴に詰まってしまいます。この毛穴に詰まった皮脂や汚れ、古い肌細胞に常在菌が付着して炎症を起こし、ニキビとなります。

このニキビの特効薬は肌を清潔に保ち、あまり肌を洗い過ぎないことです。
また、肌を清潔に保ちたいのであれば顔の産毛は非常に厄介な存在と言えます。

産毛があると常在菌がこびりついてしまう可能性が高くなり、余計に炎症がひどくなってしまってニキビが悪化しまうのです。

関連記事:背中の脱毛はニキビがあっても大丈夫?ニキビ跡にも効果あり?

産毛が刺激に

ニキビができている部分には刺激を与えないというのが早期治癒するための鉄則です。『優しく洗顔』『ふわふわの泡で包み込むように洗う』『タオルでゴシゴシ拭かない』など気を遣っている方も多いです。

しかし、産毛があるとそれだけでニキビを刺激してしまいます。ニキビに刺激を与えたくないのであれば、産毛の処理もニキビケアと同時にやった方が良いでしょう。

ただ、産毛の処理をする時にニキビが膿んでいたりする場合はしばらく様子を見てから処理するようにして下さい。ニキビを悪化させないために産毛を処理するはずが、逆に処理する時に傷つけて悪化させてしまったということになってしまったら本末転倒です。

最後に、産毛を処理する際に気をつけて欲しいことがあります。
これ以上ニキビを悪化させたくないのであれば、カミソリや毛抜きで処理するのはやめておきましょう。

何故この2つの処理方法を否定するかというと、カミソリは本来残しておかなければならない肌の油分(皮脂)まで削り取ってしまったり、ニキビ本体を傷つけてしまう可能性が非常に高いからです。

毛抜きに関しては無理矢理ムダ毛を強い力で引っ張るため毛穴を痛めてしまい、炎症を起こす原因となってしまうためです。

どうしてもカミソリしか処理する方法がないという場合は、せめて使い古しのカミソリを使わずに新しい刃で顔剃りをおこなうようにしましょう。

カミソリの刃についた錆が原因で菌がニキビや剃り傷から入り込み、酷い肌トラブルとなる場合がありますので。