豆乳ローション

豆乳ローションって聞いたことありますか?
豆乳ローションとは、豆乳から作るムダ毛を薄くするローションのことです。
この豆乳ローション、本当に効果があるのでしょうか。

豆乳ローションの効果

豆乳ローションの効果は、豆乳に含まれる大豆イソフラボンという成分によるものです。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような性質を持っており、ムダ毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える効果や肌を美しくする効果、さらにはバストアップ効果まで女性にとって嬉しい効果が期待できます。

さて、この豆乳ローション。
市販されているものもありますが、実は家庭でも手作りすることができます。材料と作り方、使い方を紹介しますね。

材料

成分無調整豆乳………400ml
レモン……………………1個
消毒用エタノール………40ml

作り方

まず、レモンを絞ってレモン果汁をボウルなどに集めておきます。次に、無調整豆乳を鍋に入れて弱火にかけます。温度が高くなりすぎると有効成分が壊れてしまいますので十分に注意してください。

膜が張らないようによくかき混ぜるようにしましょう。鍋の温度が60℃〜65℃くらいになったら先ほど絞っておいたレモン果汁を入れます。

そのまま弱火にかけながらかき混ぜ、小さなかたまりに分離してきたら火を止めます。火を止めたら消毒用エタノールを入れます。

ボウルの上にざるを置き、ざるの上に不織布(油こし紙でもよい)とキッチンペーパー2枚を乗せて鍋の中身を流しいれます。冷めるまでしばらく放置して完成です。

粗熱がとれたら濾した液を容器に移し冷蔵庫で保管しましょう。1週間程度は保存可能です。冷凍保存すると半年ほど保存できます。しかし、電子レンジでの解凍は有効成分を壊す可能性があるためやらないでください。

使い方

塗りたい部分をあらかじめ清潔にしておきましょう。ムダ毛の気になる部位にたっぷりと塗りこんでください。全身に使っていただけます。

ムダ毛の処理をしてから塗ると、より成分が毛穴の奥まで届きやすくなり効果的です。朝晩の2回塗るのが理想ですが、時間が取れない場合は入浴後の1回だけでも塗るようにしましょう。

豆乳ローションは少しずつ毛を細くするものです。太い毛を豆乳ローションでどうにかしようと考えている場合はきっちり根気よく続けないと効果が出ませんので心が折れやすいようです。

豆乳ローションを使う場合は、うぶ毛など細い毛をメインに使うと効果が実感しやすいでしょう。