多毛症

多毛症は婦人系の病気の一種で、ホルモンが関係しているとも言われています。

体毛が濃いのは多毛症ではなく、遺伝的に男性ホルモンが多いと見られますが女性が元来生えてこないであろう場所(髭や胸毛・太股裏側・腹部)に毛が生えてくる湖とを指しています。

多毛症は診療で

体毛が濃いのは女性にとはっては大問題の一つになりますが、毛深い=多毛症ではありませんから自分が多毛症ではありませんからあるかは婦人科での診察により判断されます。

多嚢胞性卵巣症候群と言う病が、多毛症の原因を作っていると思われます。
突発性多毛症と言われるものと合わせて殆どが 卵巣の病気が原因で、多嚢胞性症候群は別名スタイン・リーヴェンサール症候群と呼びます。

卵巣では女性ホルモンが作られますが、この卵巣に嚢胞と呼ぶ空洞が幾つか出来てしまうと卵巣が腫れ上がり膨らんでしまいます。その事によって、男性ホルモンのアンドロゲンが増えるので毛が濃くなり髭や胸毛が生えてくるようになります。

その他には副腎異常によるものや、クッシング症候群等も原因と言われているようです。

病気によるものは稀

アトピー治療によるステロイド使用による副作用、下垂体異常など色んな原因もあるようですが体質によって多毛症になる女性が最近は多く病気によるものは希とも言われているようです。

特に顔の髭や胸毛等、今まで生えなかった毛が生えてくるのは多毛症と考えてよいのですが素人判断で脱毛すると危険なので、一度婦人科での診察を受けてから本当に多毛症であるかどうかを判断し脱毛をするのが大切になります。

多毛症治療は保険で行えますから、婦人科の検診はしっかり受けておきたいですね。

血液検査で解かりますし、ホルモン治療で治る病気ですから心配はしなくても大丈夫ですよ。

髭のようにいきなり濃くなったり、今迄生えていなかった場所に濃い毛が生えてきたら疑っても良いと思います。この様な病気は体のサインですから、従来毛深いのとは違いある日突然となると多毛症を疑ってみてください。

卵巣に病気があると、ホルモンの分泌が正しく行われなくなりますから不妊に原因にもなりかねません。早期の治療で治りますし、知らずに脱毛をしても効果が出ずに反対に濃くなってしまいます。

多毛症の脱毛は医療機関で行うのが安全であるといわれていますから、サロン脱毛を行うなら先ずは多毛症を治してしまうのが先決でもあるのです。