脇 脱毛

ワキの下にしこりのようなものを感じたことはありませんか?乳房にしこりができることは耳にする機会も多いかと思いますが、実はワキにもしこりができるのです。

悪性と良性がある

ワキにしこりができた場合でも、悪性だと乳がんによるものやリンパ節の転移によるものがあり、こちらは悪性のしこりです。

そして、細菌が入ったためにリンパ節が炎症を起こして腫れているケース。こちらはワキのムダ毛の自己処理が原因の場合がほとんどで、良性のしこりです。

良性のしこりの場合は、痛みや大きさが気にならない程度であれば心配しなくても大丈夫です。では、ワキにしこりがある場合、悪性か良性か自分で見分けることはできるのでしょうか。

悪性と良性の違い

悪性のしこりと良性のしこりでは、触った感じが違います。悪性のものは、触ってみても弾力性がなく固い感じで周囲へ移動したりはしません。

それに対して良性のものは、やわらかさがあり、押してみると周囲へ移動するような感覚があります。

そして触ってもあまり痛みを感じず、しこりそのものがだんだん大きくなってくるようであれば悪性のしこり、触った時に痛みを感じれば毛穴が炎症を起こしていると考えられるので良性のしこりということが多いようです。

このように、触った感じの違いはありますが、しこりが出来た際は自己診断に頼らずに、病院で医師の診断を仰ぐことが何より確実で安心できる行為でしょう。特に、乳がんの場合は早期発見が大切です。

良性のしこりは自己処理が原因

良性のしこりはムダ毛の自己処理によるものが多いと先ほども述べましたが、毛を抜くことで毛穴に細菌が侵入したり、毛穴が開いていて垢や老廃物などで詰まってしまったりということがその原因です。

清潔にしていないと、この毛穴に詰まっている垢や細菌が原因で毛嚢炎(もうのうえん)を起こしたりもしてしまいます。

毛嚢炎になってしまうと、できてしまった膿を手術で切開して取り除かなければいけないということにもなりかねませんので、自己処理にはじゅうぶん気をつけましょう。

自己処理をせざるを得ない場合でも、毛抜きは避けた方が良さそうです。そして、ワキの下はいつでも清潔に保つことを心がけましょう。

脱毛サロンでも1,000円以下でできるワキ脱毛のキャンペーンをやっていることがありますので、ワキだけでもきれいに脱毛してしまうのが1番賢いやり方かもしれませんね