全身脱毛 生理

生理中でも全身脱毛ができるのかどうか疑問に思っている方も多いです。
結論からいうと、生理中でもフラッシュ脱毛による全身脱毛施術はおこなうことが可能です。

ただ、できれば避けた方が良い時期でもあります。
どうして生理中の全身脱毛施術を避けた方が良いのか。その理由についてお伝えしていきます。

いつも以上に痛く感じてしまう

通常であれば全く痛くない箇所でも、ピリッとした痛みを感じてしまいます。
これは実際に私が体験したことなのですが、ワキに光を照射してもらった際、いつもだったら温かいなあ、と思うくらいだったのですが、生理中に施術した時は眠気が一瞬で吹っ飛ぶくらい痛かったです。

冷や汗が出たほどでした。
生理中に通常より痛みを感じるかどうかは人によりますので、断言はできませんがそういう場合もあることを覚えておいて下さい。

デリケートゾーンの施術はできない

これは生理中なので当たり前ですね。

肌に赤みや発疹ができる

いくらフラッシュ脱毛は肌に優しいと言っても、生理中の敏感な肌には刺激が強いです。
実際、私も発疹が出来てしまいました。

しかも、発疹ができたところが痒くなってムズムズしました。

しばらく経ったら発疹は消えてくれたので良かったですが、もし発疹がそのまま残ったらどうしよう……と当時は気が気じゃなかったです。あまり肌が強い方ではなかったのに、生理中に脱毛施術をおこなうくらい大丈夫、と高をくくった結果がこれでした。

ひどい症例だと皮膚科で塗り薬を処方してもらわなければならなくなることもあります。肌が弱い人もそうでない人も、生理中はホルモンバランスが不安定になるためちょっとした刺激でも肌に大ダメージを与えてしまうことを心に刻んでおきましょう。

これらが主だった理由です。

全身脱毛をするなら、肌コンディションが良い時におこなうのが一番です。
予約日を変更するのが難しい場合を除き、予約していた日が生理中であるならいったん予約日をずらしてもらうなどの対処をしてもらうことをおすすめ致します。

ちなみにエステサロンによっては、上記の理由を踏まえた上で、生理中の施術を事前に断るところもあります。