ひげ ピル

ひげに悩んでいるのは男性だけではありません。女性でもひげに悩んでいる方は大勢います。

男性ホルモンの分泌過多はムダ毛は濃くなる原因の1つです。
低容量ピルで改善できる可能性があるのを知っていますか?

ピルを利用する

通常であれば女性ホルモン優位な女性は鼻下やあごに太く濃いムダ毛(ひげ)が生えることはほとんどありません。

しかし、過剰なストレスによって男性ホルモンが刺激されてしまい分泌が増加されてしまうこともあります。そうなってしまうとホルモンバランスの均衡は失われ、女性でもひげが生えてしまうのです。

関連記事:女性であごひげが生える原因とは?

そんな女性のひげの改善方法に、低用量ピルを使用する方法があるのです。

低用量ピルと言えば生理痛を軽くしたり生理周期を整えたりすることのみを目的にして服用している方ばかりというイメージを持たれがちです。

しかし、低用量ピルは生理痛を軽くするだけでなく、ホルモンバランスを整えたり、ニキビや吹き出物などの症状を軽減したりする効果も持ち合わせています。

ホルモンバランスを整えてくれるということは、男性ホルモンの過剰分泌も抑制してくれるということです。

ですから、ひげにお悩みだったり体毛が濃いことにお悩みの女性が低用量ピルを服用することで、ひげや体毛が薄くなったという声はたしかにあります。

ただ、人によっては低用量ピルが体質に合わない場合もあります。低用量ピルの主たる副作用としては、頭痛や血圧上昇、吐き気などの症状が挙げられます。

飲み続けることで副作用が改善したり、ピルの種類を変えることで収まったりする場合もありますので服用したことによって副作用が出た時はすぐさまかかりつけの医師に診てもらって下さい。

飲み続けなくてはいけない

ちなみに、『低用量ピルを飲んだことによってひげがなくなったから』とピルを飲むのをすぐやめる方もいらっしゃいますが、飲むのをやめると再びひげや体毛は濃くなります。

低用量ピルの効果というのは飲んでいる時に持続するものですから、飲むのをやめれば元の状態に戻ってしまうのです。

もし、ひげを改善したいという思いだけで低用量ピルを服用するのであればずっと飲み続けることを覚悟しておいて下さい。

低用量ピルに頼らずひげをなくしたいのであれば、生活習慣を改善してホルモンバランスを正常に戻す努力をするか、永久脱毛してみるという方法もありますよ。