ムダ毛処理 お尻

お尻ムダ毛、肛門周りにも毛が生えている人は多いです。しかし自分ではどう身体をひねっても見ることができない部分ですし、デリケートな部分でもあるため処理は難しいですよね。では、どのように処理をすればいいのでしょうか。

カミソリや毛抜は危ない

カミソリでの処理は非常に注意が必要です。刃を直接肌に当てるので、肌を傷つけやすく負担が大きいのです。

目で見ることができず感覚で剃るので、誤って肌を傷つけて出血してしまうとバイ菌が入りやすく炎症を起こしてさらにひどい状態になる可能性があります。

毛抜きは1番良くありません。見えないのに1本1本毛を正確につまんで抜くという行為自体至難の業ですし、とにかく痛いです。こちらも毛穴からバイ菌が入ると化膿してしまい、最悪の場合病院へかかることになります。

除毛クリームも要注意

除毛クリームはどうでしょう。全身に使えるタイプのものだから大丈夫と思っていませんか?お持ちの除毛クリームの取扱説明書をよく見てみてください。

お尻や肛門などデリケートな部分での使用は控えてくださいと記載されていませんか?

除毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムやアルカリ剤が配合されており化学反応を起こして毛を溶かすものです。特にデリケートゾーンなどの皮膚が薄い部分に使うとかなり負担が大きいのです。

カミソリも毛抜きも除毛クリームもダメならいったいどうして処理したらいいの?生やしっぱなしにはできないし……。と思いますよね。

自分で見ることができなくて処理が難しいのなら、他人にやってもらうのが1番です。プロのスタッフに施術してもらえるクリニックや脱毛サロンに通うのが1番いいでしょう。

関連記事:女性のムダ毛処理はどこまでやればいいのか?

VIO脱毛は脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンでOライン(肛門周り)脱毛をするのは恥ずかしいと感じる人は多いです。施術時はうつぶせに寝てお尻を広げた状態で照射を行います。確かに恥ずかしい格好かもしれませんが、そうしないときちんと脱毛できません。

そしてデリケートな部分であるため、痛みを伴う場合もあります。1回で終わるものではありませんし、慣れるか開き直るか無心になるかしかありません。そしてこちらが思うほどスタッフは気にしていません。

Oライン脱毛をする場合、一緒にVラインやIラインもまとめてする人が多いようですので合わせてチェックしてみてください。

多少の恥ずかしさは伴いますが、無理に自己処理をして肌を傷つけて病院へかかるくらいなら脱毛サロンへ通った方が絶対にいいと思います。痛みが心配ならテスト照射ができるサロンもあるので、調べてみてくださいね。