ムダ毛 脱色 オキシドール

オキシドールは消毒剤ですが、ムダ毛の脱毛剤にも含まれています。
その為に、ムダ毛オキシドールで直接脱色する人もいるようですね。

色素を抜いてしまうので見た目には目立たなくなるメリットはあります。
特に毛の薄い人は脱毛するまでも無いと考えている人もいますので、クリームやワックスと並んで人気の脱色方法です。

オキシドールとは?

オキシドールは、髪のブリーチにも利用される薬剤の一つで、専用の脱色剤やオキシドールで脱色すると、ムダ毛が目立たなくなるので多くの女性が利用していますね。

安価でてに入れられますから、学生のようにお小遣いでムダ毛を処理するとなると安価なオキシドールは便利とも言えます。

消毒薬であるオキシドールは、過酸化水素という薬品で保健室では傷口の消毒に利用するように元来は殺菌する為のものです。

腐食性のあるオキシドールは、色を抜いてしまう力がありますから、私が学生だった時も髪のブリーチとしても利用していた人もいました。

元々が脱毛する為のものではなく、非常に強い薬であることには間違いはありません。

髪をオキシドールで脱色すると、頭皮が痛んでしまい抜け毛が酷くなったり円形脱毛に為った人も知っています。

オキシドールでの脱色は危険

普通は消毒剤にするときは、希釈するのですが原液をそのまま肌に塗ってムダ毛を脱色するのは危険です

特に夏場の高温な時期は紫外線も高いですし、日焼け止めも利用しますよね。

あくまでも、化学薬品でありムダ毛を処理する為のものではないのです。

後でトラブル肌になることを考えるとオキシドールでの脱色は危険ですし、後々脱毛するときにどんなトラブルを肌に与えるかも解っていないのです。

殺菌作用があるものですから、肌に悪いものとは思えまえんが脱色するなら専用の脱色剤の方がまだ良いと思いますし、
脱色しても根元が伸びれば繰り返し脱色を繰り返す事になりますよね。

ちょっとやそっとで、メラニン色素は抜けませんから何度も脱毛を繰り返さなくてはいけませんし、ムダ毛だけでなく、肌自体を痛めてガサガサ下で肌になってしまいますよ。

安いから簡単で良さそうな感じはしますが、綺麗な肌を自分で痛める必要はないと思っています。

無理に脱色するより、きちんとした脱毛を考えてはいかがでしょうか?

脱色するなら、クリームやワックス等を利用するのが比較的安全で確実なムダ毛の処理だと思います。

関連記事:ムダ毛処理の基本、カミソリを使った正しい剃り方