ムダ毛処理 お風呂

みなさんはムダ毛処理をいつどこでやっていますか?入浴のついでにお風呂でという人が多いのではないでしょうか。カミソリや電気シェーバーで毛を剃る際にボディソープなどを泡立ててお肌につけるので、剃ったら流せる入浴時が最適に思えます。

お風呂場ではNGな理由

全裸になる場でもありますし、剃った毛や抜いた毛も流してしまえるので効率的にも思えます。しかし実は、入浴時での脱毛は1番やってはいけない方法なのです。

入浴時のお風呂は、温度と湿度が上がっています。温度と湿度が高いということは、実は雑菌にとっても繁殖するのに良い環境でもあるのです。

高い温度と湿度でお肌や毛も柔らかくなりますが、柔らかくなったお肌はその分もろくもなっています。そしてカミソリなどで毛を剃る際に一緒に必要な角質まで削ぎ落としてしまいます。

さらにそこから繁殖した雑菌が入ってしまうと炎症を起こしたり化膿したりすることさえあるのです。そのため、入浴とムダ毛処理は別のタイミングで行った方が良いのです。

では、正しい自己処理の方法とは何なのでしょうか。きれいな仕上がりで肌への負担も少なくできるという点では、実はカミソリがいいのです。

電気シェーバーもいいのですがこちらは仕上がりがきれいにならないことがあります。また、カミソリを使うとしても、毎回新しい刃のものに交換してください。

切れ味の悪くなった刃を繰り返し肌に当てていると肌を傷つけてしまいます。新しくて切れ味の良い刃だと軽くお肌に当てるだけで剃れてしまうので頻繁に刃は交換しましょう。

関連記事:女性のムダ毛処理はどこまでやればいいのか?

場所は室内でやるべき

そして場所ですがお風呂場ではなく室内で行うようにしてください。その際、ホットタオルを剃る部位にあらかじめあてておいて温めておくと剃りやすくなります。

シェービングフォームやボディソープなどで刃を滑りやすくしておくことも大事です。毛を剃る際は逆剃りせずに毛の生えている方向に従ってカミソリを動かしていきましょう。剃り終わったら剃った毛やシェービングフォームなどを洗い流します。

そして重要なのが剃った後のスキンケア。引き締め効果のある化粧水をして乳液で保湿します。美白効果があるものだとなおよいでしょう。ていねいに全体になじませてください。カミソリで処理した後のお肌は特に乾燥しやすいです。

これが正しいスキンケアの方法ですが、カミソリだと2日も持たずにまた毛が顔を出すのでなかなか難しいですよね。

毛抜きや除毛クリームもそれぞれメリットデメリットがあるので、理解したうえで正しい自己処理をしましょう。間違った自己処理はお肌のトラブルにつながるので気をつけてくださいね。