授乳中 全身脱毛

妊娠している間はお腹の中に赤ちゃんがいるので脱毛をお休みしていても、出産してしまえば再度通っていいものなのでしょうか。それとも、出産したとはいえ、施術を受けることで母乳に何らかの悪影響が出たりするのでしょうか。

授乳中永久脱毛全身脱毛は大丈夫か気になっている人が多いようです。

産後の脱毛

産後はいつから脱毛に通っていいものなのでしょうか。脱毛も妊娠も出産も授乳も女性特有の悩みですし、夫に頼れるものでもありませんから気になりますよね。

実は通っているサロンやクリニックで対応は分かれるんです。中には、妊娠中でも脱毛に通えるサロンやクリニックもあるようです。

妊娠中通えないところでも、卒乳後にOKのところ、生理が再開したらOKのところ、生理が再開する前からOKのところといろいろありますので通っているサロンやクリニックに直接聞いてみるのが1番でしょう。

では、レーザーや光は母乳には影響がないのでしょうか。母親としては、1番気になるポイントですよね。

レーザー脱毛のレーザーや光脱毛の光は、メラニンに反応する性質を持っています。しかし、肌の浅い部分にしかレーザーや光は届きませんので、母乳には影響がありません。

関連記事:全身脱毛は妊娠中でも大丈夫?

ホルモンバランスの影響

母乳に影響がないのならなぜサロンやクリニックで対応が分かれるのでしょうか。実はホルモンが関係してくるのです。妊娠中に崩れたホルモンバランスは産後すぐには戻りません。

お肌が敏感になっているので、お肌のトラブルが起こりやすかったり痛みをいつもより感じてしまったりするのです。そして、授乳中はプロラクチンというホルモンが多く分泌されます。

プロラクチンは、乳腺の発達を促して母乳を分泌するホルモンなのですが、毛が濃くなるという症状を引き起こしてしまうことがあるようです。

せっかく脱毛にきてもこのホルモンのせいで毛が濃くなっては意味がありませんよね。それに、産後は気分も安定しづらく体調もすぐれないこともありますので、産後すぐや授乳中はサロンやクリニックによっては施術を受けられないのです。

大事なお体に万一なにかあったら大変ですので、身体を休めて赤ちゃんを第一に考えてあげてください。脱毛の期限がある場合でも、事情を話して相談したら産後生理が来てからに延長してもらえますので安心してくださいね。