全身脱毛 痛い

全身脱毛をする時にどの箇所が1番痛いか気になりますよね。
痛みが強く出るのはムダ毛の色が濃いところです。
ですから、主にVIOライン(デリケートゾーン)が1番痛いことが多いです。

VIOラインが痛い

VIOラインの施術は恥ずかしいだろうと予想するかもしれませんが、実際施術を受けてみたら恥ずかしさよりも痛さが勝って『ちょっと……痛いですね』と冷や汗を流しつつ激痛に耐えていたという方も大勢いらっしゃいます。

ちなみに、痛いのはデリケートゾーンだけだと安心してはいけません。ワキやヒザ・おしりなどに色素沈着がある場合はその部位に関してもかなりの痛みを感じることがあります。

どうして、ムダ毛の色が濃かったり色素沈着があったりすると他の部分と比べて痛いのか……。その理由は脱毛マシンの照射方式にあります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は黒色や茶色などの濃い色に対して反応するように作られているのです。そのため、照射する部分に色の濃いムダ毛があったり、密集している箇所、色素沈着がある部位は他より痛く感じてしまいます。

痛みの程度には個人差があるので何とも形容しがたいですが、体験された方の声で多いのは『ゴムで弾いたような痛さ』です。ちなみに、『針でチクチク刺すような痛さ』『一瞬バチッと電気が走るような鋭い痛さ』という感想もあります。

『私は全身剛毛だから、全身脱毛するとしたら他の人よりかなり痛いんじゃ……』

と不安になってしまう方もいると思います。
たしかに、剛毛の方はムダ毛が薄い方に比べて痛みが強くなる傾向があるのは事実です。

しかし、最初は痛く感じるでしょうが脱毛施術の回数を重ねていくにつれて毛質が変化してきて、剛毛だったのが柔毛になってきます。

毛色も薄くなってきますので、それほど痛みを感じることなく脱毛施術を受けるられるようになりますので安心して下さい。

関連記事:全身脱毛は剛毛でも効果あり!

苦手な人はフラッシュ脱毛で

痛いのが苦手だという人は脱毛マシンの種類をフラッシュ脱毛に絞り込んでサロンへ体験に行くという手もあります。
フラッシュ脱毛マシンはレーザーやニードルなどの他の脱毛マシンよりも痛みが少ないことで有名です。

関連記事:全身脱毛は光脱毛、レーザー脱毛どっちがいい?違いやおすすめは?

ちなみに今回はニードル脱毛について一切触れませんでしたが、ニードル脱毛はムダ毛に針を1つ1つ刺して電気を流すという方式のため、どの部位が痛いというのは特にないためあえて触れませんでした。