脱毛サロン キャンセル

脱毛サロンで無料カウンセリングなどを受けて契約したものの、後からやっぱり契約をキャンセルしたいという場合、キャンセルはできるのでしょうか。また、キャンセル料金はかかってしまうのでしょうか。

脱毛サロンのキャンセル

脱毛などのサービスは、その性質上受けてみないと効果が分かりません。実際受けてみたところ期待していた効果が出ずに、中途解約をしたいと思うこともあります。

そのためこういったサービスは「特定継続的役務」に当たり、クーリングオフ制度及び中途解約の対象となっているのです。

「特定継続的役務」に該当するのは、エステサロンの場合「契約金額が1ヶ月を超えるもの、かつ契約金額が5万円を超えるもの」と定められています。

クーリングオフ

まず、クーリングオフについて説明します。クーリングオフとは、契約書面を交付された日から8日間以内に書面で通知すると全額が返金されるという制度です。

ちなみに、この8日間以内というのは書面の到着日ではなく、発送日のことを指しています。普通郵便ではなく、発送した日を証拠として確実に残すために内容証明郵便を使うのが良いでしょう。

カードで支払ったりローンの契約をしたりしている場合は、各会社にも同じ通知を出さなければいけません。行政書士や弁護士にお願いする必要はなく、自分自身で手続きできます。しかし、いずれも期間は8日間以内ですので、早めに行動に移しましょう。

中途解約

クーリングオフ期間が過ぎている場合は、途中契約解除をすることができます。こちらの場合は、違約金や解約手数料を請求されることがあります。しかし、その金額の上限は法律で定められています。

クーリングオフ期間は経過したものの、まだサービスを一度も受けていない場合の限度額は2万円です。何度かサービスを受けていれば、初期費用、受けた分の費用、2万円もしくは契約残金の10%のいずれか低い額の合計金額が限度額となります。違約金や解約手数料はサロンによって異なります。

どちらの解約方法でも契約解除の理由は特に必要ありません。また、書面での通知で大丈夫です。直接サロンへ行って解約の旨を伝えると引き止められる可能性がありますので書面で済ませましょう。クーリングオフや中途解約に応じてもらえない場合は、消費者センターに相談してくださいね。